102スタッフのぐやめぎ

青森県八戸市にある(株)住通のスタッフブログです。主に不動産やヤフオクのことについて書きます。たまにぐやめぎます。

「NHKスペシャル 巨龍中国14億人の消費革命~爆発的拡大!ネット通販」を見て。

こんばんは。住通スタッフ、ヤフオク担当Nです。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

本当は昨日火曜日なのでブログを書く予定だったのですが、祝日明けですっかり月曜日と勘違いしてしまい...。

 

今の状況としては、12月末から正月明けにかけての一番忙しい時期が終わって、やっとほっと一息というところです。 

 

1/8(日)にNHKで中国のネット通販に関するドキュメンタリーを放送していました。これがとても興味深かったので、ご紹介したいと思います。

ただし、最初の10~20分は見ておらず、また数日前に一度視聴した記憶で以下の文章を書きますので、細かい部分に間違いがあるかもしれません。何か問題がありましたら削除します。

www6.nhk.or.jp

 …世界一の通販大国に急成長した中国が考えているのが、ネット通販を通して、今まで豊かさから取り残されてきた「6億人の農村人口」の購買力を目覚めさせること。いま政府は“14億人の消費欲”を1つのテーブルにのせようと大号令をかけている。番組では、急増する“ネットショップ村(淘宝村)”の現場に密着。そこは村全体がネット通販のプラットフォームになっており、年間の売り上げは約670億円にも達する。全国からやって来た若者が次々とネットショップを起業し、“現代のチャイナドリーム”を目指して、激しい競争を繰り返している。…新たな夢を抱きあがく若者や、政府の戦略を通して、中国のダイナミックな変化をみつめていく。

中国のネット上のショッピングモール「タオバオ」が取り上げられていました。

届いた商品に購入者が納得し初めてショップに代金が支払われるというシステムが、コピー商品が氾濫する中国で信頼を得ています。

また、ヤフオクなどと同様に「ショップの評価」というものがあり、評価が高いショップはタオバオのモール内で検索の上位に表示されるようになります。ショップの運営者は皆大変評価を気にしていて、悪い評価をつけられないよう評価を金で買うような行為も横行しています。中にはそれをわかっていていちゃもんをつけてくる購入者もいるようです。

番組では2組のショップ運営者が紹介されていました。何とか頑張ってこの世界で生きていこうとする姿は、ヤフオクをやっている自分と重なる部分があります。商品の選定(これはほとんど自分は係わっていませんので想像しました)から発送や評価まで、過去に仕事中悩んだり振り回されたりした経験が思い出され、ハラハラしながら視聴していました。

ヤフオクでなくとも、ネットで商売をする方は見ると面白いかと思います。ネットでは購入者としての経験しかない方は、見てみると少し視野が広がるかもしれませんね。

再放送やオンデマンド等で機会があれば、ぜひ。

 

今週はこの辺で終わります。

ヤフオク担当Nでした。

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ オークションへ
にほんブログ村